Top > 注目 > バリアフリーのリフォームを実行する時の秘訣まとめると

バリアフリーのリフォームを実行する時の秘訣まとめると

最近のマンションや住宅ではバリアフリーが進んでいるので、歳をとっても転んだりすることがないようになっています。

しかし古い住宅では段差があったり、急な階段があったりと、決して使いやすいとは限りません。

それらを改善し、たとえ歳をとっても安心して暮らせるようにリフォームを行うのがバリアフリー工事です。

バリアフリーにはいくつかの段階がありますが、多いのは段差を無くすことでしょう。

特に人が今まで住んでいなかった空き家の場合だと、家の作りが古いケースが御座います。

そういう時は根本からリフォームする事で何とか状況は変わります。

(出典:空き家管理サービス

バリアフリーのリフォームをしないとケガに繋がる事も

自宅でけがをすることがもっとも多いそうですから。

体に力が入らず、目もよく見えなくなると、今まで普通に歩けた段差や、階段の上り下りも、危険な行為になります。

手すりを取り付けたり、床の段差を無くすバリアフリー工事は、これからの高齢化社会に必須と言えるでしょう。

これらの工事はそれほど手間もかかりません。早めに対策を講じておくことが、思わぬけがを防ぐことにつながるのです。

特に高齢者だけの世帯で必須と言える工事ですね。

バリアフリーのリフォームは補助金が出る事も

自治体によっては補助を支給するところもあるようなので、問い合わせてみると良いでしょう。

リフォームの中でもバリアフリーの必要がある世帯は増えているようですね。

特に多いのは、床の段差を無くす工事と、手すりの取り付けです。

これらにどれくらいの費用が必要なのかは各ケースによってまちまちですが、ある会社の統計によると、半分の工事で300万円以内と言う結果が出ています。

トイレやバスルームの工事だけを行った場合でも、同じくらいの費用が必要になりますが、中には一軒家を丸ごとリフォームしてる場合もあります。

注目

関連エントリー
mineo iPhone天皇の退位は一代限りの話にバリアフリーのリフォームを実行する時の秘訣まとめるとテレビのニュースを見てサプライズを考えてみたい結婚式余興